データ入稿について

< ステッカー・ポスターのデータ入稿について >
Adobe Illustratorデータの場合

拡張子「.ai」「.eps」を付けてお送り下さい。
ファイル名は英数字でお願いいたします。

  • インクジェットプリント インクジェットプリント
  • ポッティング ポッティング
  • カッティング カッティング
● 対応する形式は以下の通りです。
Adobe IllustratorVer.8~CC2014
● フォントや線などのパスは必ずアウトライン化して下さい。
● インクジェットプリント、ポッティングの場合、[図1]のように印刷データとカットデータを作成し、レイヤーも分けて下さい。
    図1
※ 印刷データのフチをカットしたい場合は塗り足しを作成することをおすすめします。(カットがずれても白い部分が出ず綺麗にできます。
※ 角がある図形や細かいデザインのものはポッティングには不向きです。詳細はこちらをご覧下さい。
● インクジェットプリント、カッティングプリントの場合、カットデータの複雑さ[図2]によって金額が変わる場合がございます。
    図2
● インクジェットプリントで白・シルバーの印刷をご希望される場合は、その部分のレイヤーを分けてご指定下さい。[図3参照]
    図3
● 画像がある場合はリンク形式ではなく、必ず埋め込み形式にして下さい。
● カラーモードはCMYKにして下さい。
● 実寸サイズでご入稿下さい。
Adobe Photoshop、JPGデータの場合

拡張子「.psd」「.jpg」を付けてお送り下さい。
ファイル名は英数字でお願いいたします。

  • インクジェットプリント インクジェットプリント
  •  
  •  
● 対応する形式は以下の通りです。
Adobe PhotoshopVer.8~CS6
● フォントは必ずラスタライズ化して下さい。
● カットライン、白印刷は基本的に四角の枠になります。[図4]のように切り抜きにしたい場合はご相談下さい。
    図4
● カラーモードはCMYKにして下さい。
● 解像度は150~300dpi程度が一般的です。デジカメ画像の場合はなるべく大きいサイズでご入稿下さい。
Web画像(gif、ビットマップデータ)は解像度が低いため印刷には向きません。

その他のデータの場合

Word、Excel、PowerPointなどのデータ

● 基本的には使えない可能性が高いです。
データと一緒に完成予想図をプリントスクリーンなどで添付して下さい。
※ そのままデータが使用できない場合はデータ作成費が別途かかります。
● 文字を使用する場合は、使用したフォントをお伝え下さい。
弊社に同じフォントがない場合は近いフォントに置き換えさせていただきます。
● カットラインは基本的に四角の枠になります。[図4]のように切り抜きにしたい場合はご相談下さい。
● 画像を使用する際はなるべく大きいサイズでご入稿下さい。
※ Web画像は解像度が低いため印刷には向きません。

ご入稿いただいたデータは基本的にはこちらで手を加えずにそのままプリント致します。 モニターの色などでプリントカラーや風合いはイメージと異なる場合がございます。 色指定がある場合は測色機による色調整を行います。 その場合は別途料金が発生致しますのでご了承下さい。